除毛クリームはどんな成分を含んでいるの?一般的な成分について

除毛クリームに含まれている一般的な主な成分にはチオグリュール酸やチオグリュール酸モニウム等があります。

 

チオグリュール酸とチオグリュール酸モニウムについて


チオグリュール酸とチオグリュール酸モニウムはアルカリ性の成分で
、これらのアルカリ性の成分には簡単に説明すればタンパク質を分解するという作用があります。

 

これによりタンパク質で出来ている毛を溶かしているため、しばらくそのままにしておくことで毛が溶けていきます。
タンパク質を分解することができるチオグリュール酸でタンパク質から出来ている毛を分解して溶かして除毛することが出来ます。

 

しかし、除毛には効果があるチオグリュール酸ですが、その作用がタンパク質で出来ている肌にも同じ作用が出てしまうとニキビや肌荒れの原因となる場合があるので肌が弱い人や肌が敏感な人は注意が必要です。

 

除毛クリームにも含まれているチオグリュール酸などは比較的臭いがきつくなく、肌への刺激も小さいのでほとんどの人が安心して使えますが、肌が弱い人は注意が必要です。

 

また季節を限定すれば夏場にプールや海に入る一定時間前に除毛クリームを使用すると、肌がダメージを受けている状態になります。

 

プールや海などの塩素が強い海やプールに入ることでただでさえダメージを受けていた肌が余計に荒れやすくなってしまいます。

 

このように除毛クリームの成分による害は直接的なものに限定されず、関節的な害もあるのです。
しかし、なかには敏感肌用の除毛クリームもあるので肌が弱い人でも除毛が可能です。

 

敏感肌用の除毛クリームに入っている成分

 

敏感肌用の除毛クリームに含まれる一般的な成分と普通の除毛クリームに含まれる一般的な成分に種類や量などの大きな違いはありません。
これは敏感肌用の除毛クリームに含まれている成分は天然のものが多いです。
天然の成分なので肌への影響が小さいです。

 

しかし、逆に市販の除毛クリームだと敏感肌用だとしても、ネットなどで売っているものより肌へのダメージが強いものが多いです。
もちろんこれらの成分以外にも水分や保湿成分などが含まれる除毛クリームなどもあります。